二年三ヶ月の被災地福島のペットたち!

ペットと泊まれる宿どっとこむ。
Sponsored Link

二年三ヶ月の被災地福島のペットたち!

SOS.jpg【写真:小さな命の架け橋より】


愛犬と一諸にペットと泊まれる宿に旅行を考えられている方もこの時期、多いと思います。


実は、被災地福島では、今でも一人さびしく、孤独と飢えと暑さと病気に苦しんでいる動物たちがいます。


殺伐とした村中で 静かにそして懸命に生きている動物達がいる。人は去り 餌は途絶え 独りぼっちで繋がれた動物達がいます。


人里離れた山奥で二年以上も独りぼっちな仔。繋いでいたリードが絡みつき首を吊るような状態で独りぼっちで亡くなった仔。寂しさを耐えるためにぼろぼろになった餌容器、この仔たちは、二年三ヶ月もの間、寂しさにずっと耐えている。


幸せの仔が一杯いるなか、何の罪も無いこの仔たちは、原発によって今日も飢えと寂しさに耐えています。


→被災地の動物たちのこと、どうか知ってほしい!


検索

最近の記事

このサイトをお気に入りに追加!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。